かめ。ブログ

フロントエンドエンジニアが「Web」「Youtube」「3D」「お金」「お買い物情報」など、興味があることについて深堀っていくブログです。

香水のサブスク「COLORIA」

2022年7月28日

先月

香水のサブスクがあると知って、お試しで始めてみました。

COLORIA

一つ買うとなかなか使い切れなかったりするので、安い金額で少量もらえるので、好きな香りを見つけられるまで
試してみるのは良いかなと思いました。

まだ初めたばかりですが、いくつか届いたものをレビューしてみます。

「COLORIA」を使う際のポイント

最初はランキング上位からなるべく選ぶのが良いかなぁと思いました。
やっぱりランキングが上に来ているということは沢山の人が良いと思う香りが多いと思います。

何回か頼んだあとに、自分が好きだと思うジャンルの香りなどを検索して選んだり
レビューをみて細かく選んだりするのが良いかなと思いました。

Un Jardin sur le Nil ナイルの庭

HERMÈS (エルメス)

「グリーンと植物の匂い。水と砂の匂いからみずみずしさを新たな解釈で表現しました」 ジャン=クロード・エレナ 散策の出発点となったアスワンからナイル川流域の川面に浮かぶ島が印象に残り、この香りが誕生しました。 《ナイルの庭》は陽光と生命力、自然の豊かさときらきらとした輝きのある庭。グリーンマンゴー、ロータス、シカモアウッドを思わせる香り。

すっきりとした柑橘系の香りで爽やかです。
またつけたくなるような香りでした、柑橘系が苦手な人でなければすっきりとしていて嫌いな人はいないんじゃないかなぁと思いました。

いま届いた中で一番、使いやすくて好きだなぁと感じた香りでした。

Light Blue ライトブルー

DOLCE & GABBANA (ドルチェ&ガッバーナ)

Dolce&Gabbana流の生きる喜びと魅惑を結晶させた香水です。フローラルでフルーティーなアロマが際立った、陽気でさわやかな香りに夏の日の魅力が凝縮されています。地中海地方の女性の持つセンシュアリティをイメージした香りです。

上の「ナイルの庭」と合わせて注文しました。
ナイルの庭を使ったあとの印象として、系統は似ているけど甘い香りだなと思いました。
何回かつけているうちに慣れてきましたが、私としては少さが抑えめのほうが良かったかなと思いました。

FLEUR D'OSMANTHUS オスマンティウス

Roger&Gallet (ロジェ・ガレ)

オレンジ色の果実のようにフルーティな金木犀の花。 芳醇で優美なアジアンビューティなフレグランス。 金木犀オスマンティウスを中心に、晴れやかなマンダリンオレンジ、官能的な甘さを持つイランイラン、かすかにスイートなベンゾインの、芳醇で幸せあふれる香り。金木犀の森を意味する中国桂林での言い伝えは、月に住む仙女の庭で満開になった金木犀の種が地上に舞い降りたという始まり。優美な香りに誘われいつまでも歩いていたい月明かりの夜。

金木犀の香りが好きなので、そういう香水があればほしいなと思って検索してみたところたどり着いたものでした。 個人的にはあまり金木犀の香りを感じれなかったのが残念でした。

つけはじめのときは少しきつめかなと感じますが、暫く経つと香りが馴染んできて、少し金木犀かな?と感じる部分もありました。 個人的な感想として、つけはじめの香りが少し苦手な感じでした。

香水も香りによって好みが分かれるんだなぁ。。と思った香水になりました。

澄みわたる心地よさ。フルーティ フローラル ウッディ。驚くほどピュアな印象を放ち、心をときほぐすような美しい香り。 上質で仕立てのよいシャツをさらりとはおるように着こなしたいフレグランスです。

最初につけたときは、トイレとかの芳香剤っぽいーと思いました。

だんだんと慣れてくると柔軟剤とか、石鹸のような感じに感じられます。 お風呂上がりとか、寝る前とかに少しつけて寝るときに落ち着く感じで使っています。

舞妓夢コロン ★京都の香水★

「FLEUR D'OSMANTHUS オスマンティウス」が理想の金木犀の香りがではなかったので改めて金木犀の香りがする香水ってちゃんとないのかなーと調べて、個別で買っちゃったいました。

届いて香ってみてびっくり!「おー」って思うぐらいの再現度でした。

時期関係なく好きな香りがつけれるので香水って面白いですね。

まとめ

香水の香りのレビューって少し難しいですね。。 香りを言葉で表現するのって難しい。。

リモートなこともあって、外出が多くないので少量でもなかなか使い切れないなぁと感じました。 ただ家の中でも少ししておくと作業してるときとかに手をついて考えることとかにサラッと香ってくると 少しテンションが上がるので良いなぁと思いました。

結構香りに左右されるテンションって個人的には大事だなと思ったのでサブスクやってみてよかったです。 いいなと思う香りが決まってくるとサブスクではなく単品で買うのもありかなと思いますが、 それまではサブスクで少しづつ試すのは面白いかなと思います。

ただ届くまで香りがわからないので、苦手な香りだった場合使い切るのが大変だなぁというデメリットはあるかなと思います。

一度香水がまとまっているお店に行くとかもありかなとも思いますが、 毎月違う香りが届くのも楽しいので自分の中の良い香りが見つかるまでもう少し続けてみようかと思っています!

関連する記事

おすすめの本

Javascriptを勉強する際に読んでおくと良いなと思った本たちです。
特にリーダブルコードは綺麗なコードを書く考え方が身に付きます。いまでもその考え方が根付いています。

{}
{}
{}

よくみられてる記事